inguinalhernia.navi

鼠径ヘルニアとは?その症状や手術を回避するための予防方法

鼠径ヘルニアとは?

審査

放置してはいけません

鼠径ヘルニアとはどのような病気なのかというと、太ももなどに腫れが生じる病いとなっています。ヘルニアという言葉自体は、内臓が正しい位置からずれてしまうといった意味合いとなるものです。そのため鼠径部に発生したヘルニアを、鼠径ヘルニアというのです。鼠径ヘルニアを放置することによって症状が悪化してしまう事もありますから、医療機関で手術を受けるなど、適切な処置を受けるようにしましょう。

腸がずれてしまっている

太ももにヘルニアの症状が現れてしまう際には、小腸がずれていることによって発生している場合が多くあることでしょう。そのため鼠径ヘルニアとは呼ばずに、脱腸と呼ぶようなケースもあるのです。鼠径ヘルニアが発生した際には、押し戻したりすることで元通りになる事もありますが、症状を放置している事で元通りにならなくなる場合もあるでしょう。

鼠径ヘルニアの症状

太ももに腫れが発生する

鼠径ヘルニアの代表的な症状として、太ももに腫れが発生するといった事が挙げられるでしょう。以前には見られなかったふくらみや出来物が見られるようになった時には、医師に確認してみることをおススメします。

太もも付近に痛みを感じる

太ももに腫れやふくらみが発生すると同時に、痛みを伴うような事もあるでしょう。鼠径ヘルニアが発症してしまった状態では、腸が本来あるべき位置からずれてしまっているため、身体に悪影響を与えてしまう事も多いのです。

立っていると太ももの痛みが増す

立ち上がることで、ずれてしまった腸が引っ張られることとなります。患部に負荷がかかっている状態が持続してしまうため、立った状態を続けていることで痛みが増幅してしまうような事があるでしょう。

動作をすると太ももに違和感がある

腸が本来あるべき位置に収まっていない状態になっているものですから、動作を行う際、患部に違和感が生じることもあるでしょう。患部が引っ張られるような感覚が発生することもあるのです。

陰嚢が腫れる

鼠径ヘルニアが発生してしまうと、陰嚢にまで影響を与えてしまう事があります。陰嚢に腫れなどが生じたり、その周辺にふくらみなどが発生した場合には鼠径ヘルニアを疑ってみましょう。鼠径ヘルニアは早期の治療を行うことが大切となるためです。

鼠径ヘルニアを予防する方法・ベスト3

no.1

便秘を解消させる

便秘になってしまう事によって、お腹に圧力をかけてしまいがちになってしまいます。鼠径ヘルニアはお腹に力を加えることによって発生してしまう事が多いですから、それを防ぐためには便秘を解消させる必要があるでしょう。

no.2

お腹に力をこめないように

例えばくしゃみをする際や重い物を持った時には、お腹に余計な力をかけてしまう事もあるでしょう。お腹に急激な力を入れてしまう事によって、鼠径ヘルニアを招いてしまう事があるのです。そのため動作はなるべくゆっくり行うといった心がけを行いましょう。

no.3

運動を心がけて

鼠径ヘルニアを予防するには、腸の働きを良くさせることが大切になってきます。適度な運動を行うことで、腸の作用を高めることが出来るでしょう。さらにはお腹への圧力を低くする効果も期待できます。

鼠径ヘルニアに関連する記事

病院

子供の鼠径ヘルニア

お子さんも鼠径ヘルニアを発症してしまうような事があります。その際には、痛みといった症状を良く観察してあげる事が大切になりますよ。手術に関する口コミ情報もチェック!

READ MORE
お腹に触れる人

手術後の注意

鼠径ヘルニアの手術を行った後は、注意することがいくつかあるものです。こちらでは鼠径ヘルニアの手術の方法なども紹介しています。手術の方法を検討する際には、医師とよく相談する事が大切になってきますよ。

READ MORE
広告募集中