子供の鼠径ヘルニア|鼠径ヘルニアの治療に役立つ手術の知識などを解説していきます|inguinalhernia.navi

inguinalhernia.navi

子供の鼠径ヘルニア・手術に関する口コミ情報を公開します!

どんな手術を行ったのかチェック!

鼠径ヘルニアの疑いがある方は、治療のためにはどのような手術を行うのかが気になるといった方も多くいらっしゃることでしょう。手術に関する口コミ情報をチェックして、参考にしてみましょう。

鼠径ヘルニアの手術に関する口コミ情報

日帰りできました

手術後すぐは入浴などを行うことが出来ませんが、入院するような必要はありませんでした。術後数日間は歩き回ったりといった事が制限されますが、一週間もすれば日常生活も普通に送ることが出来ましたよ。

しばらくは違和感が

手術を行った後、しばらくは患部に違和感がありましたね。ちょっとひっぱられるような感じがありました。手術から1年くらい経ってしまえば、そんな違和感も消え今ではすっかり良くなっています。

短い時間で終了しました

手術自体にかかった時間は、40~50分程度でしょうか。1時間もかからなかったと思います。だから、そんなに身体に負担がかかるような事も無いと思いますよ。私は普段デスクワークですし、すぐに仕事を開始することが出来ました。

子供の鼠径ヘルニア

病院

手術前には

子供も鼠径ヘルニアが発症してしまうリスクが多いものです。鼠径ヘルニアが発症してしまった場合には、手術といった処置を行う必要が発生することもあるでしょう。手術を行う前には、注意しておくべき点があります。例えば子供が体調を崩してしまわないように気を付けましょう。手術前やその後には、予防接種を受けるような事が出来なくなるためです。感染症などの疑いがある場合には、すみやかに医師に相談することも重要となります。

痛みが大きい場合

鼠径ヘルニアが発生した場合には、子供がどの程度痛がっているのかを把握してあげましょう。鼠径ヘルニアの痛みが大きいような場合には、嵌頓を引き起こしてしまっているケースもあるからです。嵌頓は非常に危険な状態であるため、早急に処置を行う必要があります。痛みと共に嘔吐などといった症状が現れる場合には、すぐに病院に行くことが重要となります。

手術を行った後

子供が鼠径ヘルニアの手術を受けた場合でも、手術を無事に終了することが出来れば入院の必要性は無いでしょう。日常生活は普通に送ることができますが、入浴が数日禁止されることもあります。手術後の過ごし方については、医師の指示をきちんと守るようにしましょう。

広告募集中